つくばで漫画描いたり育児したり

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ トンデモ古事記TOP ≫ トンデモ古事記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

トンデモ古事記

山田 久延彦「真説古事記―コンピュータをもった神々
という本を読み終えました~!

古事記に出てくる神々のエピソードは地球の成り立ちや生物の進化、
人類の超古代文明の繁栄と、地球からの逃亡を表し、
その「天つ神」と、新たに地球で芽生え始めた「国つ神」の抗争が描かれている!

…といういわゆるトンデモ解釈本で、39年前に書かれたものなんだけど、
結構理数系からのアプローチが多くて、
「この解釈、あながちトンデモじゃないんじゃ…」って思う内容でした。

実際、ギリシャ神話でも旧約聖書でも、
「神が洪水や天災で地上を浄化する」っていう描写があるんですよね。
一度高度な文明が栄えて、滅びて、
また一から始まったっていうのは本当なのかも・・・?

古事記のトンデモ解釈、上質なファンタジーとして楽しめると思います!
古事記入門にもおすすめ~!
神々の名前の羅列に解釈がついていてわかりやすいです!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。